2014.04.10

マンUのキャリック「CLはいつも戦ってきた場所、すぐ戻ってくる」

マンチェスター・U
CLバイエルン戦のスタメン、キャリック(下列中央)[写真]=Getty Images

 9日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグでバイエルンと日本代表MF香川真司所属のマンチェスター・Uが対戦した。マンチェスター・Uは1-3で敗れ、2試合の合計が2-4となりベスト8敗退となった。

 この試合、香川と共にフル出場した、イングランド代表MFマイケル・キャリックは試合後に大手メディア『スカイスポーツ』のインタビューに対して次のように語った。

「数週間前から自分たちのパフォーマンスに満足していかった。このクラブはチャンピオンズリーグでプレーすべきだ。今夜の試合は難しくなることは分かっていた。僕たちが次のシーズンの出場資格がないのは、今日や先週の試合のせいではない。リーグでのチーム状態が悪いからだ。だから責任を取らないといけない。ひどい結果が続き過ぎた。代償を払わなければならなかった」

 また今後について「何かのきっかけですぐにチーム全体が変わるとは思わない。今はチームみんなで可能な限り立て直して、またタイトルに挑戦できると信じながら、来シーズンに向けて準備するしかない。すぐチャンピオンリーグに戻ってくる。ここはいつも僕たちが戦ってきた場所だから」と意気込みを語った。

 マンチェスター・Uはリーグ戦5試合を残して、チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位アーセナルとは勝ち点7差となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る