2014.04.10

4強入りならず…2得点のドルトMFロイス「敗退は受け入れ難い」

ロイス
CL敗退が決まり、肩を落とすドルトムントのロイス [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが8日に行われ、ドルトムントとレアル・マドリードが対戦。ドルトムントが2-0で勝利を収めたが、ファーストレグを0-3で落としていたため、2試合合計2-3で敗退が決まった。

 試合後、ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスがチャンピオンズリーグ敗退を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。ロイスは2得点を挙げた。

 ロイスは、「ファーストレグで良いプレーができなかったから、セカンドレグでは3点差を追いかける羽目になった。試合開始からできることは全てやったし、勇気を持って前へと攻め続けたよ。残念ながら、あとわずかの運が足りなかったけれど、誰もが驚く逆転劇まであと一歩に迫れた」と、2-0で勝ったセカンドレグを振り返った。

 そして、「今日も先週(ファーストレグ)も、突破を決めるゴールを簡単に決められる状況はあった。だからこそ、この敗退は受け入れ難いね。昨シーズンは決勝に進んだだけに、今回も準々決勝より先に進みたいという気持ちが強かったんだ」と、敗退を悔やんだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る