2014.04.10

CL敗退も、前を向くパリSGのマテュイディ「誇りに思って良い」

マテュイディ
CL敗退が決まったパリSGのマテュイディ(左) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが8日に行われ、チェルシーとパリSGが対戦。2-0でチェルシーが勝利を収めた。2試合合計スコアを3-3としたチェルシーは、アウェーゴール数で上回り、逆転での準決勝進出を決めた。

 試合後、パリSGのフランス代表MFブレーズ・マテュイディが敗戦を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 逆転での敗退が決まり、マテュイディは、「自分たちが成し遂げたことを誇りに思って良い。この試合から教訓を得て、今後も前に進んでいくつもりだ」と、コメント。「僕たち以上に経験のあるビッグクラブを相手に、楽に戦えるはずもない。自分たちにも決定機はあったけど、試合の流れが相手の方に傾いてしまったね」と、敗戦を振り返った。

 そして、「チーム得点王(スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ)の欠場は大きな痛手だった。皆、本当に失望しているよ。シーズンはまだ終わっていないから、今後は別の目標に集中しなければならない」と、話した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る