2014.04.09

マンU撃破へ、バイエルンのラーム「自分たちのスタイルを貫く」

ラーム
バイエルンのラームがマンチェスター・U戦を前にコメントした [写真]=Bongarts/Getty Images

 9日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグで、バイエルンと日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uが対戦する。

 敵地でのファーストレグを1-1の引き分けで終え、ホームでの一戦に臨むバイエルン。ドイツ代表DFフィリップ・ラームが抱負を語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 ラームは、「いつもやっていることをやらなければならない。つまり、ボール支配率を最大限に活かす」と、コメント。「非常にカウンターがうまい」と、マンチェスター・Uの印象を語ったうえで、「明日は、自分たちのサッカースタイルを貫いて、ボールを支配してゴールを決めたいね」と、語った。

 そして、「マンチェスター・Uは世界レベルのチームだ。偉大な歴史があって、経験豊富な有名選手が揃っている。僕たちは攻撃でも守備でも良いサッカーをしなければならない。マンチェスターでの対戦(ファーストレグ)では、相手にそれほど(多くの)チャンスを作らせなかった。あのような戦いを、今回もやる必要がある。マンチェスターでは苦戦させられたけど、守備ではチームとしてまとまって、良いプレーができていたよ」と、ファーストレグを振り返りつつ、ホームでの一戦を見据えた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る