2014.04.09

4季連続でCL4強に進出したレアルのS・ラモス「誇りに思う」

競り合うセルヒオ・ラモス(中央) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが8日に行われ、レアル・マドリードはアウェーで0-2と敗れたが、2試合合計スコアで3-2と上回り、準決勝進出を決めた。

 フル出場したレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、準決勝進出について、以下のようにコメントした。クラブ公式HPが伝えている。

 4シーズン連続でのベスト4入り関しては、「誇りに思うし、チャンピオンズリーグは僕らが非常に希望を持って臨んでいる」と喜ぶ一方、「優勝するためには、最高のチームに勝たなければならないし、抽選でどこと当たるのかを見るよ」と準決勝の対戦を見据えた。

 2試合合計スコアで辛くも勝ち抜けを決めた形だが、「僕らは前半良いプレーをせず、相手はそれをうまく利用してきた」と振り返り、反省点を口にした。

「準決勝進出は喜ぶべきことだけど、特に前半のことはよく考えていかなければならない。僕らが仮に同じ姿勢で後半に臨んでいたら、準決勝には進んでいなかっただろう」

 リーグとコパ・デル・レイと合わせ、3冠の可能性も残っているが、「今はまたリーグ戦のことを考え、勝ち点を重ねて上位にプレッシャーをかける必要がある。そのあとコパ・デル・レイの決勝に集中し、バルセロナのような偉大なチームを相手にタイトルを賭けて戦うよ」と、各タイトルへの意気込みを語った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る