2014.04.05

マンU香川がバイエルン戦を振り返る「簡単には勝たせてくれない」

香川真司
先制点を決めたヴィディッチ(中央左)を祝福する香川(中央右) [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司が、1日に行なわれたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのバイエルン戦に言及した。クラブ公式HPが伝えている。

 ホームでの一戦で、後半から途中出場した香川は、「前半はボールを支配された状態だったので、対峙した(アルイェン)ロッベンを封じようと思っていた」と振り返った。

「攻撃では数少ないチャンスをどうやってものにするかを意識していた」と言い、「チームとして上手く機能して、セットプレーからゴールが生まれたので良かった」と語った一方、「自分自身は攻撃でもっとボールに絡みたかったけれど、それはセカンドレグでの自分の課題になる」と、自身のプレーへの評価も明かした。

「良い形で先制できたので、もちろんゼロに抑えられれば良かったけれど、相手はバイエルンだから、簡単には勝たせてくれないのかなと」と、1-1のドローで終わった一戦を総括したが、「これは2試合での戦いで、気持ちを切り替えて準備していく必要がある」と続け、8日に敵地で行なわれるセカンドレグでの戦いに向け、気を引き締めた。

 クラブ公式HPでは他にも、香川の考えるバイエルン戦でのポジティブな要素や今シーズンにおけるチャンピオンズリーグでの戦いぶりが伝えられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る