2014.04.04

ホームで3発先勝のパリSGラベッシ「アウェーでも勝ちにいく」

ラベッシ
1得点を挙げたパリSGのラベッシ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝ファーストレグが2日に行われ、パリSGとチェルシーが対戦。ホームのパリSGが3-1で快勝した。

 試合後、パリSGのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシが、勝利を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 ラベッシは、「終了間際のゴールがすごく大きかったし、このようにして試合をモノにできたのは、チームにとっても大きい。より一層の気持ちの余裕を持って、ロンドンでの一戦(8日のセカンドレグ)に臨めるはずだ。僕たちが(勝ち抜けの)本命なのかどうかはわからないけど、セカンドレグは非常に厳しいものになるだろう。(準々決勝を)突破するために、アウェーでも勝ちにいくつもりでいる。チェルシーはすごく強いし、ボールの活かし方もよく知っている。今夜も時々、僕たちにとって難しい状況になった。それは当然のことだ」と、ホームでの快勝を振り返った。

 また、ラベッシは4分に決めた先制点について、「自分のゴールについては、ミートだけを心掛けていて、決まってくれてラッキーだった」と、コメントしたうえで、「去年より今年のほうが、運に恵まれていると思う。メンバー同士が互いのことをより理解し始めて、一緒にやっている時間も増えているしね。それによって結果が改善されていくのは、普通のことだよ」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る