FOLLOW US

敵地でバルサとドローのアトレティコDF「完璧なパフォーマンス」

アトレティコのディエゴ・ゴディン(2番)がバルサ戦後にコメント [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝ファーストレグが1日に行われ、バルセロナとアトレティコ・マドリードが対戦。アトレティコ・マドリードが元ブラジル代表MFジエゴのゴールで先制したが、バルセロナは同代表FWネイマールが同点ゴールを決め、試合は1-1の引き分けに終わった。

 アトレティコ・マドリードのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが、試合を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 ディエゴ・ゴディンは、「アウェーゲームで、しかも簡単には結果を残せないスタジアムでの試合だったことを考えれば、この引き分けには本当に満足して良いはずだ。アウェーゴールも奪っているからね」と、敵地での引き分けを振り返った。

 そして、「まだ、どちらが勝ってもおかしくない状態だし、あと90分間残っているとしても、この結果はうれしいよ。得点源のジエゴ・コスタが序盤に負傷交代してしまったけど、あのようにしてピッチを離れた仲間のことは気になるものだ。それでも、こうした試練を乗り越えられるメンバーが揃っている。今夜はそれを証明することができた。この試合での僕たちは、あまり苦しむことがなかったと思う。1人ひとりが堂々と戦い、試合を通じてやるべきことをやり遂げた。本当に完璧なパフォーマンスだったね」と、コメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO