2014.04.02

19季ぶりのCLベスト4狙うパリSG指揮官「我々の信条を貫く」

パリSGを率いるブラン監督 [写真]=Getty Images

 パリSGは、2日に行なわれるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝ファーストレグでチェルシーをホームに迎える。



 ローラン・ブラン監督は前日会見に出席し、1994-1995シーズン以来、19シーズンぶりのベスト4入りをかけた戦いに意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。

「我々は全てにおいて、非常に速いペースで成長を遂げている」と語るブラン監督だが、「ヨーロッパの舞台では、まだまだ経験を得る必要があり、時間がかかる」ともコメント。「国内では非常に順調に歩みを進め、短期間で目標を達成した。しかし、ヨーロッパのカップ戦となると、我々は勝ち残っているクラブの中でも最も経験が少ないチームのひとつ」とチーム状況について言及した。

「トップレベルの常連に到達するために、今回は非常に重要なステップになる」と位置づける一戦を前に、「チェルシーと我々のスタイルは大きく異なる。相手はカウンターに重点を置き、我々はボールキープを好む。どちらがより効果的かは、2試合を終えたときに見えてくる。いずれにせよ、我々は自分たちの信条を貫くつもり」と決意を明かした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る