2014.04.02

バルサ指揮官「心から誇りに思う」…先制許すもホームでドロー

マルティーノ
アトレティコとの第1戦をドローで終えたバルサのマルティーノ監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝ファーストレグが1日に行われ、バルセロナとアトレティコ・マドリードが対戦。アトレティコ・マドリードが元ブラジル代表MFジエゴのゴールで先制したが、バルセロナは同代表FWネイマールが同点ゴールを決め、試合は1-1の引き分けに終わった。

 バルセロナのヘラルド・マルティーノ監督が、試合を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 マルティーノ監督は、先制されながらも引き分けに持ち込んだ一戦を振り返って、「チームの戦いぶりを心から誇りに思う。こういうパフォーマンスを続けていけば、成功の可能性はある。我々は毎試合、勝利を狙っている。だから(セカンドレグでも)いつもやっていることを貫かなければならない。(アトレティコ・マドリードの)ゴールの後は、最高のバルセロナをお見せすることができた。後半はよくボールを動かして、奥行きのあるプレーができた。ゴール前でも良い動きがあって、(枠内)シュートを何本も打った」と、選手たちを称えた。

 そして、「我々はチーム一丸となって、非常に激しく戦った。勝負は今のところ互角だ。セカンドレグをホームで戦えるチームのほうが有利かどうかはわからないが、今言ったように現時点ではどんな結果もあり得る」と、9日にアトレティコ・マドリードのホームで行われるセカンドレグを見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る