2014.04.02

アトレティコGKクルトゥワ「バルセロナが有利だが、どこが相手でも倒せる」

クルトゥワ
アトレティコ・マドリードの守護神、クルトゥワ [写真]=Getty Images

 現在、リーガ・エスパニョーラで首位を走るアトレティコ・マドリードと2位に着けるバルセロナが対戦するチャンピオンズリーグ準々決勝は、1日にカンプ・ノウでファーストレグが、9日にビセンテ・カルデロンでセカンドレグが行われる。



 この注目の一戦を前に、アトレティコ・マドリードのベルギー代表GKティボ・クルトゥワが、スペイン紙『マルカ』とのインタビューで大一番に向けた抱負を語った。

 今シーズン、すでに3度顔を合わせている両チームだが、昨年8月のスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)はビセンテ・カルデロンでのファーストレグが1-1、カンプ・ノウでのセカンドレグが0-0、今年1月のリーガ・エスパニョーラ第19節はビセンテ・カルデロンで0-0と、いずれもドローに終わっている。

 安定的なパフォーマンスと驚異的なセーブでゴール前の壁となっているクルトゥワは、「今シーズンここまでの3試合のように、彼らを抑えられることを期待している。昨シーズンまでは散々やられてきたからね」と述べたうえ、今回の2試合もロースコアの展開になると予想した。

「これまでの3試合は、得点が記録されたのがスーペルコパのファーストレグの2ゴールだけと、いずれもロースコアの緊迫した戦いとなった。今回もとても難しい試合になるだろう。フィジカル的に厳しくなると思うが、僕達はしっかりと準備をしている」

 クルトゥワはまた、ファーストレグでは勝利を挙げるのが理想だが、大敗をしないことが重要との見解を示した。

「彼らはビセンテ・カルデロンでの僕らの強さを知っている。それゆえ、初戦でリードを奪っておくために、なるべく早くゴールを決めようと序盤から攻勢を仕掛けてくることだろう。僕らには、組織的な守備で彼らの攻撃を防ぎ、カウンターからゴールを狙うという戦いが求められる。もちろん、アウェー・ゴールを決められるに越したことはないし、白星を期待している。しかし、セカンドレグに可能性を残すという意味では、引き分けや1ゴール差の黒星でもまずまずの結果と言えるだろう」

 今シーズン、ディエゴ・シメオネ監督が常々口にしている「試合から試合へ」の姿勢を貫き、全ての大会で好成績を残してきたアトレティコ・マドリード。クルトゥワは、その戦い方を貫き通したうえ、実績で上回るバルセロナを撃破したいとの意気込みを表した。

「僕達はこれまで常に試合から試合へと歩んできた。決勝に臨むかのように毎試合戦うことは重要だ。先の事ばかり考えてしまうと、目前の試合を制することはできないからね。そういった姿勢を変えることなく、CLでは可能な限り上位に進出したい。有利なのはバルセロナだが、フットボールではあらゆる事が起こり得るし、準々決勝に残った8チームにはどこが相手であっても倒せる力がある」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る