FOLLOW US

バルサのGKバルデス、アトレティコを警戒「危険なチーム」

バルセロナを支えるGKビクトル・バルデス [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ抽選会が、21日にスイスのニヨンで行われた。7シーズン連続でのベスト4入りを狙うバルセロナは、同じスペインのアトレティコ・マドリードとの対戦が決まった。

 バルセロナのスペイン代表GKビクトル・バルデスは、抽選後に「準々決勝に進出したチームは、グループステージを首位通過しているから、どこと当たっても厳しい結果だとはわかっていた」と、『UEFA.com』を通じて感想を語った。

 アトレティコ・マドリードとは、リーグ戦でも激しい首位争いを演じているが、「今シーズンは、ハードワークを続ける危険なチームであることを示している。(ディエゴ)シメオネ監督が大きな影響力を与えていることは確か」という印象を語るとともに「彼らは、今シーズン僕らがうまく対応できていないセットプレーを生かしてゴールを挙げている」と、警戒した。

 一方で、「普段どおりの試合をすれば、勝ち抜けの可能性は高いと思う」と、自信も垣間見せた。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA