FOLLOW US

バイエルン加入を振り返るロッベン「キャリアの中で最高の移籍」

バイエルンのロッベンが今後の展望を語った [写真]=Getty Images

 バイエルン所属のオランダ代表FWアルイェン・ロッベンが、今後の展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ロッベンは、19日に契約延長合意が発表され、2017年6月30日までとなる新契約にサインした。2009年にレアル・マドリードからバイエルンに加入したロッベンは、「ここであと3年プレーできることをうれしく思う。そうすると、ここに8年いたことになるが、まだオランダ人でそれを成し遂げた人はいない」と、コメント。レアル・マドリードからの移籍を振り返って、「本当に良い決断だった。僕のキャリアの中で最高の移籍だ。このクラブにいる気分はとにかく最高だよ。お互いに尊敬し合っていることが非常に大きい」と、話した。

 そして、準々決勝進出を決めたチャンピオンズリーグの戦いを展望して、「残っているのはトップレベルの8チーム。つまりトップの4試合になるだろう。なるようになる。とにかく、次の2試合を楽しみにしているよ。大事なのは、準々決勝までにバイエルンがブンデスリーガで“テンポ”と“リズム”を高いレベルで保ち、チャンピオンズリーグへの良い準備をすること。バイエルンが今、ブンデスリーガで非常に調子が良いということは、チャンピオンズリーグ準々決勝には関係ない」と、語った。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA