2014.03.19

敵地で先勝、第2戦に臨むドルトムント指揮官「普通に戦うつもり」

クロップ
ゼニトとのセカンドレグに臨むドルトムントのクロップ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 19日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、ドルトムントとゼニト・サンクトペテルブルクが対戦する。


 敵地でのファーストレグを4-2で制し、ホームでの一戦に臨むドルトムント。ユルゲン・クロップ監督が展望を語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 クロップ監督は、「このセカンドレグは、通常の試合の後半のように戦うのが理想だ。我々は、チャンピオンズリーグの決勝トーナメントで少しだけ経験を積み重ねてきた」と、コメント。ファーストレグを振り返って、「セカンドレグに向けて好位置につけたが、それ以上でもそれ以下でもない」と、話し、「あまりリスクを冒す気はないが、リードを守るだけの戦いはばかげているから、普通に戦うつもりだ」と、展望を語った。

 そして、「我々はグループステージ突破という目標を達成した。ここから先は、クラブにとってボーナスのようなもの。敗退したとしても、予算に大きな穴が開くわけではない。だが、ブンデスリーガのほうは事情が違う。我々の目標は来シーズンもチャンピオンズリーグの出場権を得ることであり、それに向かって突き進んでいる。違う意見の専門家もいるかもしれないが、我々は道を外してはいない。どの大会でもチャンスを最大限に活かし、それぞれ違った取り組み方をする必要がある」と、コメントした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング