2014.03.13

バルサに敗れCL敗退のマンC…コンパニ「大きな差はなかった」

コンパニ
マンCに所属するコンパニ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが12日に行われ、マンチェスター・Cはバルセロナに1-2で敗れた。マンチェスター・Cのベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが、アウェーでの一戦を振り返りコメントを残している。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 ファーストレグを0-2で落としていたマンチェスター・Cは、2戦合計1-4で同大会の敗退が決定した。試合後、コンパニは「僕たちは全力を尽くしたよ。ゴールを決めるチャンスはいくつかあった。得点を奪っていれば、違う試合になった」とコメントした。

 さらにコンパニは「2試合を戦った後で話すのはおかしいかもしれないが、11対11で戦っていた時、両チームに大きな差はなかったと思う」と主張。悔しさを滲ませていた。

 マンチェスター・Cは、ファーストレグでは元アルゼンチン代表DFマルティン・デミチェリスが、セカンドレグではアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが退場処分を受けていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る