2014.03.11

敵地で先勝も、バイエルン監督は警戒「アーセナルにとっては決勝」

グアルディオラ
アーセナル戦に臨むバイエルンのグアルディオラ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 11日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、バイエルンと日本代表FW宮市亮所属のアーセナルが対戦する。

 敵地でのファーストレグを2-0で制し、ホームでの一戦に臨むバイエルン。ジョゼップ・グアルディオラ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 バイエルンは、2点をリードしてセカンドレグに臨むが、グアルディオラ監督は、「時間を稼ぎながら、前回(ファーストレグ)の得点を守りきるような戦い方を始めれば、大きな問題を抱えることになるだろう」と、コメント。「ボールを支配しなければならない。私はアーセナルを良く知っている。彼らには、ボールを支配する実力がある。だから、我々は彼らにボールを持たせるチャンスを与えてはいけない。我々が試合をコントロールしなければならないんだ。あれほどの実力を持った中盤の選手にボールを持たせれば、何が起きてもおかしくない。アーセナルにとっては決勝戦だ。彼らは全力を尽くして、ベストパフォーマンスを見せてくるだろう」と、試合を展望した。

 そして、「こちらがボールを保持すれば、準々決勝に進めるだろう。もし、アーセナルにボールを持たせれば、先に進むのは彼らだ」と、ポールポゼッションが勝負を分けるとの考えを明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る