FOLLOW US

第1戦ドローのチェルシーGKチェフ「優位に変わりはない」

チェルシーGKチェフがファーストレグを振り返った [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが26日に行われ、ガラタサライとチェルシーが対戦。1-1の引き分けに終わった。

 チェルシーのチェコ代表GKペトル・チェフが試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 チェフは、「前半の僕たちはよくやっていたと思う。カウンター攻撃をよく見せたけど、得点に繋がるパスが生まれなかった」と、1点リードで終えた前半を振り返った。そして、「ディフェンス面でも奮闘していた。セットプレーからゴールを許してしまったのは少し残念だ。だけど、フットボールの試合とはそういうものだからね。同点ゴールを奪われた後は、それまで以上に守備が難しくなった。ラスト20分の間、チェルシーはエネルギー切れを起こしたんだ」と、後半の出来に言及したうえで、「それでも、逆転ゴールを許さなかった。引き分けという結果は、とても重要だと思う。だから、結果に満足しなくてはね」と、話した。

 チェフは、「大会が終わったわけではない。1-0で勝利するほうがもちろん良いけど、セカンドレグに向けて、僕たちが優位に立っていることに変わりはない。ホームでのセカンドレグでも、再び良いパフォーマンスを披露する必要があるだろうね」と、今後を見据えた。

 セカンドレグはチェルシーのホームで、3月18日に開催される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA