FOLLOW US

シャルケに大勝のレアル指揮官「完璧な試合。全てがうまくいった」

シャルケに大勝したレアルのアンチェロッティ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが26日に行われ、日本代表DF内田篤人所属のシャルケとレアル・マドリードが対戦。アウェーのレアル・マドリードが6-1で大勝し、ベスト8進出へ大きく前進した。なお、負傷離脱中の内田は欠場した。

 試合後、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、「完璧な試合だった。チームとして1つとなり、サポートもしっかりしていた。とても良いプレーをしたね。ファンタスティックな試合だった。全てのことがうまくいった」と、コメント。「とても良い試合をした。早い時間に2得点を決めることができて、その後は我々にとってオープンな展開となった。カウンターと、FWのスピードあるプレーを楽しんだ」と、勝利を振り返った。

 また、それぞれ2得点を挙げたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとフランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルについて、「3トップは得点を決めて、チームの大きな力になった。彼らは相手DFにとって本当に危険な存在だ」と、称賛。「チーム全員が良い調子だし、元気な選手がメンバーにいるから、(3月2日のリーガ・エスパニョーラ第26節)アトレティコ(マドリード)戦で、メンバーを入れ替える可能性はある。とはいえ、これだけ良いプレーをしたメンバーをいじることは難しいものだし、日曜日の試合、同じメンバーが組めることを望んでいる」と、次戦を見据えた。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA