2014.02.26

マンUキャリックが不発のV・ペルシーを擁護「クラブ全体の責任」

キャリック
キャリック(左)とファン・ペルシー(右) [写真]=Man Utd via Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが25日に行われ、マンチェスター・Uはアウェーでオリンピアコスに0-2で敗れた。試合後、イングランド代表MFマイケル・キャリックは、終盤に決定機を外したオランダ代表FWロビン・ファンペルシーを擁護した。クラブ公式HPが伝えている。

 ファン・ペルシーは82分に、右サイドからのクロスをペナルティエリア内で受けたが、右足でのシュートは枠を外れた。フル出場したキャリックは、「ロビンのことは批判できない」とコメント。「彼は多くのチャンスを作り、普段なら得点する選手。今日はその日ではなかったということ」と、不発に終わったエースをかばった。

 敵地で完敗を喫したが、キャリックは「誰かへの非難を期待しているのかもしれないが、良い結果を残せていないのはクラブ全体の責任。そういう基準で見られるし、全員が理解しているよ」と語り、浮上への決意も口にした。

「僕らには選手としての水準があって、今シーズンは良い結果が出ていない。様々なところから批判を受けているからね。全員が批判を理解し、受け入れてもいる。全てを受け止めて挽回する必要があるし、必ず挽回するよ」

 なお、セカンドレグは、マンチェスター・Uのホームで3月19日に行われる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る