2014.02.26

ホームで4失点黒星のゼニト監督「馬鹿げたミスをすれば高くつく」

スパレッティ
ゼニトを率いるスパレッティ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが25日に行われ、ゼニト・サンクトペテルブルクとドルトムントが対戦。ホームで戦ったゼニトは、2-4で敗戦を喫した。

 試合後、ゼニトのルチアーノ・スパレッティ監督は、以下のように黒星を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

 ホームでの敗戦について、「いいサッカーをしようと臨んだが、序盤の2失点が大きく影響したね。それで勝負がついたと言えるかもしれない」とコメント。「基本的なミスがあまりにも多く、代償を払わされたね。ドルトムントのような質の高いチームに、そのようなミスは許されない。あんな馬鹿げたミスをすれば、高くつく」と敗因を分析した。

 また、「我々はドルトムントのように90分間を通して激しく戦うことはできず、ペース調整が必要だった。その面はドルトムントの方が上で、それでミスが出てしまうようではね」と続ける一方で、逆転での勝ち抜けに向けて意欲も示した。

「セカンドレグに向けて、まだ希望は残されている。その日、その試合で何ができるかを考える必要がある。もっと安定したパフォーマンスを心掛け、今日のようなミスは避けなければならない」

 ドルトムントのホームで行われるセカンドレグは、3月19日に行われる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る