2014.02.26

敵地での完敗に落胆…逆転を誓うマンUモイーズ監督「責任を負う」

モイーズ
マンチェスター・Uを率いるモイーズ監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが25日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、オリンピアコスに0-2で敗れた。

 マンチェスター・Uを率いるデイヴィッド・モイーズ監督は、試合内容に不満を示し、敗戦に肩を落とした。『UEFA.com』が伝えている。

 モイーズ監督は「何かを得るに値しない戦いだった。ヨーロッパを舞台にしたこれまでの試合で最悪の出来だ。非常に驚いている。私は責任を負う。もっと良いプレーを見せなければいけない」と述べ、悔しさを滲ませた。

 さらに同監督は「オリンピアコスの戦いは予想していた。彼らはホームでの成績が良い。我々はゴールを奪うためのチャンスを作り出すことができなかった。唯一の救いは、もう1試合あるということだ」とコメント。今後に向けては「この状況を修正する。次の戦いでは、そのことを証明したい。0-2から逆転するために全力を尽くす」と述べていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る