2014.02.21

UEFA、CLバルセロナ戦の主審を批判したマンC指揮官を調査へ

ペジェグリーニ
UEFAの調査対象となったペジェグリーニ監督 [写真]=Getty Images

 イギリス紙『ミラー』は20日、UEFA(欧州サッカー連盟)が、マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督の調査に乗り出すと報じた。

 マンチェスター・Cは、19日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでバルセロナとホームで対戦し、0-2で敗れた。『ミラー』は、敗戦後にペジェグリーニ監督が、試合を裁いたヨナス・エリクソン主審へ苦言を呈したことが契機となり、調査対象になったと報じている。

 同紙は、バルセロナ戦後のペジェグリーニ監督のコメントを紹介。53分にマルティン・デミチェリスのタックルを受けたリオネル・メッシが倒れ、バルセロナにPKの判定が下されたシーンに対して、「あれはペナルティーエリアの外だった」と誤審を指摘。また、「私は以前もバルセロナ戦で問題を犯した審判を指名すべきではないと思う」とUEFAの審判団選出に言及していた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る