FOLLOW US

ヴェンゲル監督がエジルのPK失敗に言及「彼に影響を与えた」

バイエルン戦に先発出場したエジル [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが19日に行われ、日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルはホームでバイエルンと対戦し、0-2で敗れた。

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、同試合でPKを外したドイツ代表MFメスト・エジルについて言及している。『UEFA.com』が伝えた。

 アーセナルは8分にPKのチャンスを得たが、キッカーを務めたエジルのシュートはバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーに防がれ、得点を決めることはできなかった。試合後、ヴェンゲル監督は次のようにコメントした。

「良いプレーを見せようとしていただけに、PK失敗は彼のパフォーマンスに大きな影響を与えてしまったと思う。5分から10分が経過しても、彼はまだ首を横に振っていた」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO