2014.02.18

バルサ指揮官がマンC戦を展望、試合の鍵にボール保持率を挙げる

マルティーノ
マンC戦を展望したマルティーノ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナを率いるヘラルド・マルティーノ監督が、18日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのマンチェスター・C戦を控え、前日会見に臨んだ。『UEFA.com』が伝えている。

 マルティーノ監督はマンチェスター・C戦について、「決勝戦でも不思議ではない」とし、「ベスト16の中でも最も接戦になる」とコメント。早々に実現したビッグマッチでは、ボールポゼッションが鍵を握ると語り、「ボールを保持している時間が短いチームが、より苦しむことになるだろう」と展望した。

 また、バルセロナとマンチェスター・Cはスタイルが似ていると語るとともに、対戦相手に敬意を示した。

「シティは私たちに似ていると思う。我々よりもダイレクトプレーが多いかもしれないが、ポゼッションがうまいチームだよ」

「しかし、シティがミニ・バルセロナだとか、あるチームの小型版だと思っているわけではない。今や世界屈指の偉大なチームさ。彼らの多様性を評価しているし、多くの脅威を兼ね備えている」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る