2014.01.04

昨季のCL制覇を振り返るDFラーム「鳥肌が立つ至福の瞬間」

ラーム
昨季のCL制覇をラームが振り返った [写真]=Getty Images

 バイエルンのドイツ代表DFフィリップ・ラームが、昨シーズンのチャンピオンズリーグ制覇を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。



 ラームは、昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝について、「集中して、1試合全てを見たことはない。優勝の翌日に友人が我が家を訪れた時に、偶然テレビであの試合が流れていたけれど、きちんとは見なかった」と、映像を確認していないことを明かしたうえで、昨シーズンのハイライトとして、「ロンドンの空高くへチャンピオンズリーグ優勝杯を掲げた瞬間」を挙げた。

 そしてラームは、「あの時は、言葉では表せないほど感激したよ。ついに努力が報われ、目標を達成できた瞬間、待望のトロフィーを手にすることができた瞬間だからね。鳥肌が立つ至福の瞬間だった」と、振り返った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る