2013.12.12

CL敗退もチームを称えるナポリのベニテス監督「誇りに思う」

ベニテス
ナポリを率いるベニテス監督 [写真]=Getty Images

 ナポリを率いるラファエル・ベニテス監督が、11日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルと対戦したナポリは2-0で勝利を収めたものの、グループFで3位となり決勝トーナメント進出を果たすことができなかった。しかし、ベニテス監督は次のようにチームを称えた。

「チームのパフォーマンスを誇りに思う。今夜、ナポリが示した戦いに満足しなければいけない。我々は新たな監督と選手たちが加わりスタートを切ったが、良い結果を残している。まだヨーロッパリーグがある。戦いが終わったわけではない」

「ヨーロッパリーグは厳しい戦いが続く。私は優勝を経験しているが、どれほど難しいか理解しているよ」

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る