2013.12.11

再開試合制したガラタサライがCL決勝T進出…ユーヴェは敗退

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第6節が11日に行われ、グループBでは、ガラタサライとユヴェントスが対戦した。

 同試合は10日に開催されたが、キックオフ以降、雹混じりの雪が強まっていき、ピッチコンディションが悪化していった。ラインが確認できないほどに雪が降り積もり、開始31分時点で試合は一時中断。選手たちはロッカールームへ引き揚げた。グラウンドキーパーが整備にあたり、試合再開を目指したものの、実らず。約30分間の中断を経て、試合の途中中止が決定していた。

 31分時点から再開された一戦は、ガラタサライはグループステージ突破のためには勝利が必要、ユヴェントスは引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる状況で行われた。

 前日と同様、雪が降り続ける天候で、ピッチコンディションは劣悪だった。両チームとも得点を奪えないまま、試合は終盤へ。決勝点を奪ったのはガラタサライだった。85分、ロングボールをヘディングでつないだところへウェスレイ・スナイデルが反応。ペナルティーエリアへ進入すると、右足シュートをゴール左隅へ決めた。

 試合は1-0で終了。ガラタサライが勝利を収め、勝ち点を7に伸ばした。ガラタサライはユヴェントスを抜いてグループ2位に浮上し、決勝トーナメント進出が決定。ユヴェントスはグループ3位で、ヨーロッパリーグへ回ることとなった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る