2013.12.11

コペンハーゲンに快勝のレアル指揮官「勝利への姿勢を見せた」

アンチェロッティ
コペンハーゲン戦を振り返ったアンチェロッティ監督 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第6節が10日に行われ、グループBではコペンハーゲンとレアル・マドリードが対戦。クロアチア代表MFルカ・モドリッチとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで、2-0でレアル・マドリードが勝利を収めた。

 試合後、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「良い試合だった。真剣なプレーをしたし、試合をコントロールしただけでなく、勝利への姿勢を見せた。良い成績のグループリーグだったし、大量得点を決めることができて満足しているよ。(ルカ)モドリッチは良いパフォーマンスを見せてくれた。シャビ・アロンソと共に攻守のバランスを取ってくれた。どの選手もすばらしい仕事をしてくれて、試合をコントロールし、勝利への姿勢を見せてくれた」

「消化試合のモチベーションの上げ方?レアル・マドリードのユニホームは、全ての試合で全力を尽くすことを選手全員に要求するものだよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る