FOLLOW US

レアルが快勝、C・ロナウドがCL新記録のグループステージ9得点目

モドリッチ(中央)の先制点を喜ぶレアルの選手たち [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第6節が10日に行われ、グループBではコペンハーゲンとレアル・マドリードが対戦した。

 ホームのコペンハーゲンは決勝トーナメント進出の可能性がすでに潰え、レアル・マドリードは首位通過を決めている中で迎えた試合は、25分にレアル・マドリードが先制する。左からのCKがファーサイドまで流れると、イスコからのパスをペナルティエリア外右で受けたルカ・モドリッチがDFをかわしてから右足で鮮やかなミドルシュートをゴール右上隅へ決めた。40分にコペンハーゲンは、右CKからトーマス・デレイニーのシュートがネットを揺らしたが、反則がありノーゴール。前半はレアル・マドリードの1点リードで折り返す。

 後半に入り、立ち上がりの48分、レアル・マドリードはCKの流れから、左サイドのマルセロからのアーリークロスを前線に残っていたペペが頭で折り返し、クリスティアーノ・ロナウドが難なく決めて、リードを広げる。C・ロナウドはCLグループステージ9得点目となり、大会新記録を樹立した。試合終了間際にC・ロナウドは、自身で獲得したPKで追加点のチャンスがあったが、正面に蹴ったシュートは相手GKに阻まれた。試合は2-0でレアル・マドリードが勝利した。

 レアル・マドリードは勝ち点を16に伸ばし、コペンハーゲンは勝ち点4のままでグループ最下位での敗退が決まった。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA