FOLLOW US

環境保護団体が北極圏の保護を訴え、レアルのCL会見を乗っ取り

CL前日会見中に現れた環境保護団体の幕 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードは10日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節で、コペンハーゲンとアウェーで対戦する。試合に先立ち9日、カルロ・アンチェロッティ監督とポルトガル代表DFペペが前日会見に臨んだが、その席で騒動があった。イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 両名は会見場に到着し、大会スポンサーの一覧が掲載されているボードの前で着席。会見が始まるというタイミングで、ボードの上から赤い幕が突如として下りてきた。そこには、「北極圏を守れ。ガスプロムにレッドカードを提示しろ」とメッセージが書かれていた。これは、環境保護を訴える団体「グリーンピース」が仕掛けたもので、コペンハーゲンの関係者がただちに隠した。ガスプロムは天然ガスの事業を中心に行っているロシア企業で、チャンピオンズリーグの大会スポンサーを務めている。

 グリーンピースは、10月1日に行われたチャンピオンズリーグ第2節のバーゼル対シャルケ戦でも、試合中のスタジアム上部から、巨大な横断幕を垂らし、試合を一時中断させていた。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA