2013.11.28

香川、レヴァークーゼン戦の走行距離でトップ…唯一12km超え

香川真司
レヴァークーゼン戦の走行距離でトップの数字を残した香川(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節が27日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、レヴァークーゼンに5-0で勝利した。香川は、この試合の走行距離が両チームトップだった。

 『UEFA.com』のデータによれば、トップ下でフル出場した香川は走行距離12.48キロメートルを記録。2位はレヴァークーゼンのドイツ人MFゴンサロ・カストロの11.77キロメートルとなっており、香川は両チーム合わせて唯一12キロメートルを超えていた。

 マンチェスター・Uでは、2番目に走行距離が多かったのはポルトガル代表MFナニの11.73キロメートル。次いで、29日に40歳の誕生日を迎える元ウェールズ代表MFギグスの10.95キロメートルとなっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る