2013.11.28

MFベイル、直接FKを自画自賛「キャリア最高のゴールの1つ」

ベイル
直接FKで先制ゴールを奪ったベイル [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が27日に行われ、グループBではガラタサライと対戦したレアル・マドリードが4-1で勝利を収めた。試合後、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルが、自身のゴールについて振り返っている。クラブ公式HPが伝えた。



 37分に直接FKで先制ゴールを奪ったベイルは「ここまでFKの練習をしてきた。その成果が出たよ。今回のゴールは僕のキャリアの中でも最高のゴールの1つだった」と語り、26分にスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが退場し、数的不利となった状況で決めたゴールを喜んだ。

 試合内容については「1人少ない中で1つになって戦えることを証明した。僕たちにはチャンピオンズリーグを獲得する可能性がある」とコメント。勝利に満足するとともに、現在のチーム状況に自信を示していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る