FOLLOW US

バルセロナMFセスク「前半の良くない感触が残っている」

「必要以上に走っている感じ」と試合を振り返ったセスク [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が26日に行われ、グループHではアヤックスとバルセロナが対戦。2-1でアヤックスが勝利を収めた。バルセロナは今シーズン初黒星を喫した。

 試合後、バルセロナのスペイン代表MFセスク・ファブレガスが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 セスクは、「チームは後半にリアクションを起こしたが、前半の良くない感触の方が残っている。調子が良くないことはピッチ上で感じていた。通常の試合よりも、必要以上に走っている感じがした。それも不必要にね。戦術的に彼らの方が上だった。僕たちはどこから突破すればいいかわからなかった」と、試合を振り返った。

 そして「バルサでは、試合に負ければ常に試合内容が悪かったといわれるだろう。だが、もし負けるなら、リーグ戦やチャンピオンズリーグのベスト8、準決勝よりも、ここで負けた方がいい」と、話した。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA