2013.11.28

10人での勝利に手応え…レアル指揮官「現状を維持していきたい」

アンチェロッティ
レアル・マドリードを率いるアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、27日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のガラタサライ戦を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが26分で退場となったレアル・マドリードだが、試合は4-1で勝利。アンチェロッティ監督は「前半はあまり良い戦いができなかったが、1人少なくなってから試合は変わった。選手たちは質の高いプレーを見せてくれた。10人での戦いは難しいが、誰もが良い仕事をしてくれたと思う。現状を維持していきたい」と述べ、数的不利の状況で勝ち点3を手にしたチームを称えた。

 また、同監督は先取点を挙げたウェールズ代表MFギャレス・ベイルのパフォーマンスに触れ、「右サイドでのプレーは、シュートという選択肢もあるため相手にとってより危険だ」とコメントしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る