2013.11.28

マンU指揮官が香川を称賛「素晴らしいプレーを見せてくれた」

香川真司
レヴァークーゼン戦ではモイーズ監督からも称賛された香川 [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が27日に行われ、グループAでは日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uがレヴァークーゼンと対戦し、5-0で勝利を収めた。試合後、マンチェスター・Uを率いるデイヴィッド・モイーズ監督が、フル出場した香川について言及した。クラブ公式HPが伝えている。

 トップ下でプレーした香川に対し、モイーズ監督は「今日の彼は素晴らしいプレーを見せてくれた。彼は左サイドでも良い動きをしている。ウェイン(ルーニー)が最前線、香川がその背後でプレーすることもあるだろう。ロビン(ファン・ペルシー)が欠場する際の対策を考える必要がある。ウェインと香川の連携は素晴らしかった」とコメント。香川のパフォーマンスを高く評価した。
 
 また、勝ち点3を手にしたマンチェスター・Uはグループステージ突破が確定。モイーズ監督は「最低限の仕事。次の目標は首位での通過を決めることだ。ただ、今は良い状況をキープできている」と述べ、現況に満足感を示していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る