2013.11.28

マンU、5得点圧勝でCL決勝T進出決定…先発復帰の香川は得点に絡む

香川真司
先制点を喜ぶマンチェスター・Uの選手たち [写真]=Man Utd via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が27日に行われ、グループAではレヴァークーゼンと日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uが対戦。24日のプレミアリーグ第12節カーディフ戦を足の打撲で欠場した香川は、トップ下で公式戦2試合ぶりの先発出場となった。

 勝ち点8でグループ首位に立つマンチェスター・Uを、勝ち点1差で追う2位のレヴァークーゼンがホームに迎えた試合は、静かな立ち上がりとなった。マンチェスター・Uは16分、パトリス・エヴラ、ライアン・ギグスとつなぎ、最後はペナルティエリア内左でナニがシュートするが、枠を超えた。レヴァークーゼンは19分に右CKを得ると、ゴンサロ・カストロのボールにエミル・スパヒッチがニアサイドで合わせたが、枠を捉えられなかった。

 20分、レヴァークーゼンはシュテファン・キースリンクがエリア内でDFをかわしてチャンスとなるが、ジョニー・エヴァンズのブロックに遭い、得点とはならず。一方のマンチェスター・Uは22分、自陣で香川がボールを奪うとドリブルから、ギグスを経由して、ウェイン・ルーニーに繋がり、エリア内左から右足のクロスをゴール前に送ると、ファーサイドに走り込んだアントニオ・バレンシアが押し込んで、先制に成功する。

 マンチェスター・Uは30分に追加点を獲得。左サイドの浅い位置で香川が倒されFKを獲得。ルーニーが正確なクロスをゴール前へ送ると、クリス・スモーリングと競り合ったスパヒッチのオウンゴールを誘った。前半はマンチェスター・Uの2点リードで折り返す。

 後半立ち上がりの48分、マンチェスター・Uは右サイドからバレンシアのクロスに飛び込んだ香川がヘディングシュートを狙ったが、ミートしなかった。59分には相手陣内でパスカットしたナニがルーニーとのパス交換からシュートを放つが、ゴール右へ外れた。4分後には、ルーニーがDFをかわしてからミドルシュートで狙うが、わずかに枠の左へそれた。

 攻撃の形を作れないレヴァークーゼンに対し、マンチェスター・Uは66分、ギグスの右CKからゴール前の混戦を最後はエヴァンズが押し込んで、3点目を獲得した。77分には香川の浮き球のパスをエリア内右で受けたルーニーが、相手GKを引きつけてパスを送ると、セットプレーの流れから前線に残っていたスモーリングが無人のゴールに流し込んで、ダメ押し点。88分にもギグスのロングパスに抜けたナニが得点したマンチェスター・Uが、5-0で圧勝している。

 勝利したマンチェスター・Uは、最終節を残して決勝トーナメント進出が決定。12月10日に行われる最終節で、レヴァークーゼンはアウェーでレアル・ソシエダと、マンチェスター・Uはホームでシャフタールと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る