2013.11.28

ラモス退場で10人のレアル、ガラタサライに4発快勝で決勝T進出

ギャレス・ベイル
直接FKで先制点を決めたベイル(中央) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節で、グループBでは、レアル・マドリードとガラタサライが対戦した。

 グループステージ4試合で勝ち点10を挙げ、グループ首位を走るレアル・マドリード。ホームでの一戦で、GKイケル・カシージャス、セルヒオ・ラモス、イスコ、ギャレス・ベイルらが先発出場。クリスティアーノ・ロナウドはベンチ入りメンバーから外れた。

 レアル・マドリードは開始早々の4分、ベイルがスルーパスに反応して最終ラインの背後を取り、相手GKと一対一となるチャンスを迎えた。しかし、左足シュートは枠の左へ外れた。レアル・マドリードは26分、セルヒオ・ラモスが自陣ペナルティーエリア手前でガラタサライのウムト・ブルトを倒し、レッドカードを受けて退場。10人での戦いを強いられる。

 数的不利に陥ったレアル・マドリードだが、37分に先制。ベイルがゴール正面からのFKを直接沈めた。しかし、ガラタサライも直後に反撃。ディディエ・ドログバが右足アウトサイドで鮮やかなスルーパスを通すと、走り込んだブルトが冷静に一対一を制し、1-1の同点に追い付いた。

 レアル・マドリードは後半立ち上がりに勝ち越し点を奪う。51分、左サイドのアンヘル・ディ・マリアからのクロスボールに、アルバロ・アルベロアが左足ボレーで合わせて、ゴールネットを揺らした。さらに63分、アルベロアからのパスを受けたディ・マリアが左足シュートを決め、追加点。3-1とリードを広げた。

 レアル・マドリードは81分にも、ドリブルシュートを放ったイスコがこぼれ球を拾い、ペナルティーエリア内で相手DFを落ち着いてかわしてゴール。4点目を奪った。試合は4-1で終了。レアル・マドリードは勝ち点を13に伸ばし、グループ首位が確定。決勝トーナメント進出を決めた。ガラタサライは勝ち点4のままで、グループ3位に転落した。

 12月10日のグループステージ最終節で、レアル・マドリードは敵地でコペンハーゲンと、ガラタサライはホームでユヴェントスと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る