2013.11.28

冬移籍濃厚の本田、CSKAホーム最終戦でPK弾も敗戦…バイエルンはCL新の10連勝

ロッベン
先制点を決めたロッベン(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が27日に行われ、グループDでは日本代表MF本田圭佑の所属するCSKAモスクワとバイエルンが対戦。2013年12月限りで契約が満了し、ミランへの移籍が濃厚と見られている本田は、CSKAでのホーム最終戦に先発出場した。

 CSKAはすでに決勝トーナメント進出への望みが絶たれ、前回王者バイエルンはグループ通過を決めている。雪の舞う中で行われた試合は、バイエルンがパスを回し、チャンスをうかがうと17分、トニ・クロースのスルーパスが、左サイドのトーマス・ミュラーに通ると、深い位置からグラウンダーのマイナスクロスを送る。そこに走り込んだアルイェン・ロッベンがゴール左へ決めて、バイエルンが先制する。得点後もボールを支配したバイエルンだが、28分に主将のフィリップ・ラームが負傷のため、チアゴ・アルカンタラとの交代を強いられる。

 41分にバイエルンは、マリオ・ゲッツェが左サイドからゴールに向かうクロスを出すと、DFラインの裏を取ったミュラーがヘディングを狙うが、ボールがわずかに高くシュートはできなかった。CSKAも前半終了間際に味方の縦パスを、ゴールに背を向けている本田がダイレクトのヒールパスで前線へ。アーメド・ムサが抜け出しかけるが、ハビ・マルティネスのチェックもあり、ペナルティエリア内でのシュートは力なく、GKマヌエル・ノイアーの手に収まった。前半はバイエルンの1点リードで折り返す。

 後半立ち上がりの47分、CSKAに絶好機が訪れる。自陣からGKイゴール・アキンフェエフのロングボールがDFラインの裏を取った本田に渡ると、エリア内でGKノイアーと1対1の場面となったが、本田はかわそうとしたものの、ノイアーの手が伸び、抑えられた。50分にもキリル・ナバブキンの右クロスがゴール前中央の本田に通るが、右足のシュートはミートせず、ノイアーにキャッチされた。53分には本田はゴール正面からミドルシュートで狙うが、ゴール右を捉えたシュートはGKノイアーの守備範囲で、キャッチされた。

 CSKAが決定機をものにできずにいると、56分にバイエルンはゲッツェがドリブルでピッチ中央を持ち上がり、エリア内でDF2人をかわして、左足でのシュートをゴール右へ決めて追加点を獲得する。

 CSKAは62分、ゾラン・トシッチがエリア内右でシュートを放つと、バイエルンDFダンテの手に当たり、PKを獲得。これを本田が、落ち着いてゴール左へ決めて1点を返す。しかし65分にバイエルンは、ゲッツェのシュートがポストに当たり、こぼれ球を拾ったロッベンが、エリア内でゲオルギ・シュチェンニコフに倒されてPKの判定。ミュラーが決めて、再びリードを2点に広げる。

 CSKAは78分、バイエルン陣内でキープし、本田のスルーパスが左サイドのゲオルギ・ミラノフに渡り、マイナスクロスを送る。逆サイドにいたトシッチの下へボールが渡るが、左足のシュートはクロスバーを直撃してしまった。87分にバイエルンはカウンターからジェローム・ボアテングがドリブルで持ち上がり、最後はロッベンがシュートを放つが、アキンフェエフが防いだ。終盤、CSKAは押し込むが、試合はそのまま終了し、バイエルンが3-1で勝利。バイエルンは昨シーズンから続くCL連勝記録を10に伸ばし、大会歴代新記録を達成した。なお、本田はフル出場している。

 12月10日に行われるグループステージ最終節では、CSKAはアウェーでヴィクトリア・プルゼニと、バイエルンはホームでマンチェスター・Cと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る