FOLLOW US

アトレティコが大会初のドロー、ゼニトはG組2位キープ

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が26日に行われ、グループGではゼニト・サンクトペテルブルクとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めているアトレティコ・マドリード。スコアレスで迎えた後半に先制点を奪う。53分、スルーパスに反応して最終ラインの背後を取ったアドリアン・ロペスが、ドリブルでペナルティーエリア内へ進入。GKとの一対一を冷静に制した。

 1点をリードしたアトレティコ・マドリードだが、74分に同点弾を奪われる。ゼニトの右サイドからのクロスボールに対して、トビー・アルデルヴァイレルトが対応。頭で触ったボールが、ゴール方向へ緩やかに浮き上がると、GKティボ・クルトゥワがキャッチできず、オウンゴールとなった。

 試合は1-1で終了。今大会初のドローに終わったアトレティコ・マドリードは、勝ち点を13に伸ばした。ゼニトは勝ち点を6として、グループ2位をキープ。決勝トーナメント進出を懸けて、最終節に臨むこととなった。

 12月11日のグループステージ最終節では、アトレティコ・マドリードはホームでポルトと、ゼニト・サンクトペテルブルクは敵地でオーストリア・ウィーンと対戦する。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA