FOLLOW US

ステアウア指揮官がシャルケ戦へ抱負「残された道は勝利しかない」

 26日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節で、グループEではステアウア・ブカレストと日本代表DF内田篤人所属のシャルケが対戦する。

 ホームでの一戦を前に、ステアウア・ブカレストのラウレンティウ・レゲカンプフ監督が前日会見に出席。試合を展望した。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 レゲカンプフ監督は、「我々にとっては、間違いなく非常に重要な試合だ。実際には最後のチャンスになる。この試合に勝てなければ、決勝トーナメント進出の可能性がゼロになるからね。極めて強力な相手と戦うことになるが、自分たちに残された道は勝利しかない」と、ホームでの勝利を誓った。

 そして、「数名の選手が出場できないため、戦力的な問題を抱えているが、しっかりと準備できている。明日の試合で最も重要なことは勝利だ。ただし、最大の目標は国内のリーグ戦とカップ戦を制することであって、(シャルケに)勝てなかったとしても絶望はしない。国内で無敗を維持し、チャンピオンズリーグのグループステージを戦っているのだから、全ては順調に運んでいるよ」と、話した。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA