2013.11.08

ドルトムント戦決勝弾のアーセナルMFラムジー「すばらしい成果」

ラムジー
決勝弾を決めたアーセナルのラムジー(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が6日に行われ、グループFではドルトムントと日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルが対戦。アーセナルのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが決勝点を挙げ、1-0で勝利を収めた。宮市はベンチ入りしなかった。

 試合後、ラムジーが勝利を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 ラムジーは、「すばらしい成果だよ。僕たちにはゲームプランがあって、それに沿って戦ったのが功を奏した。自分がゴールできてうれしいし、チームのためにも良かった。前半は僕たちのほうがボール支配率が上だった。ハーフタイムにデータを確認したら、僕たちが上回っていたんだ。でも、彼らの力はつねに警戒していたよ」と、コメント。「両チームとも、似たようなスタイルだ。彼らもパスをつないで、チャンスを作り、チームで守備をするのが好きだよね。僕たちもここ数シーズンで、そういうところを磨いている」と、話した。

 そして、「まだまだすべきことはたくさんあるけど、僕たちは良い位置にいる。やるべきことはちゃんとわかっていたし、今日はその通りにできた。でも、仕事を完成させるには、厳しいゲームがあと2試合残っている」と、今後を見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る