2013.11.07

完敗チェルシー戦でフル出場の内田、独地元メディアから守備で評価

チェルシー戦でフル出場した内田篤人 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が6日に行われ、グループEの日本代表DF内田篤人の所属するシャルケは、アウェーでチェルシーと対戦。0-3の完封負けを喫した。

 試合を受け、ドイツ地元メディアが、各選手の採点を発表。フル出場を果たした内田は、ドイツ紙『Westdeutsche Allgemeine』とドイツ紙『Revier Sport』で、ともに「4」(最高点1、最低点6)と採点された。また、「アンドレ・シュールレをかなり抑えていた」と守備面では評価も与えられている。

 両メディアの採点および寸評は以下のとおり。

『Westdeutsche Allgemeine』
採点:4
寸評:試合に上手く入り、ユリアン・ドラクスラーへのパスでシャルケ最初のチャンスを作り出した。その後、攻撃参加は控えめになり、対峙するアンドレ・シュールレに集中することになった。それは功を奏し、シュールレが攻撃に顔を出すことはまれだった。シュールレが前線に飛び出したとき、リスクを冒してファウルで止めたために警告を受けた。

『Revier Sport』
採点:4
寸評:アンドレ・シュールレをかなり抑えていた。しかし、守備に専念せざるをえなかったために、とりわけチャンピオンズリーグでよく見せてきた積極的なゲームの組み立てをすることができなかった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る