2013.11.07

バルサ戦の敗因を語るミラン指揮官「パスミスが非常に多かった」

アッレグリ
ミランを率いるアッレグリ監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が6日に行われ、バルセロナと対戦したミランは1-3で敗戦した。ミランを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合を振り返り、敗因を口にした。『UEFA.com』が伝えている。

 アッレグリ監督はバルセロナ戦について以下のように述べた。

「結果に失望している。だが、選手たちのパフォーマンスは悪くなかった。前半は、チャンスの際にカウンターが機能しなかった。パスミスが非常に多かったからだ。だが、後半は良いプレーを見せていたと思う」

「ステファン・エル・シャーラウィやマッティア・デ・シーリオのような重要な選手がチームに戻れば、バランスが改善されてより良い結果を得られると確信している」

 ミランはグループステージ第4節を終えて、1勝2分1敗の勝ち点5でグループHの2位につけている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る