2013.11.07

バイエルンMFミュラーは勝利でも反省「ミスが非常に多かった」

ミュラー
プルゼニ戦後にコメントしたバイエルンMFミュラー [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンに所属するドイツ代表MFトーマス・ミュラーが、5日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のヴィクトリア・プルゼニ戦を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

「上出来とまではいかなかったけど、とにかく勝った。それが最も大切なことだ。ただ、今日の試合で勝ったからといって、これからシャンパンで乾杯をするわけにはいかない。ミスが非常に多かった。特にゲームを組み立てる段階でのイージーミスがね。チャンスももっと活かしていかないと。プルゼニのホームで戦うこととミュンヘンで戦うことはまた違うものだよ」

 バイエルンは同試合に1-0で勝利し、グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。また、チャンピオンズリーグ記録に並ぶ同大会9連勝も達成している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る