FOLLOW US

同点弾のパリSGイブラ「自分たちの戦いができなかった」

同点弾を挙げたイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が5日に行われ、グループCでは、パリSGとアンデルレヒトが対戦。1-1の引き分けに終わった。パリSGは、4試合を終えて3勝1分け。勝ち点10でグループ首位をキープし、決勝トーナメント進出へ前進した。アンデルレヒトは1分け3敗の勝ち点1で4位となっている。

 1得点を挙げたパリSGのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが試合を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

「(グループステージ)残り2試合で勝ち点は10だ。あと2試合で突破できるかどうかが決まる。僕のゴールで勝ち点1を奪えたけど、得点できなくても良いから勝ちたかった。でも仕方ないね。今日は自分たちの戦いができなかった。0-1で負けるところを、1-1の引き分けに持ち込んだのだから、良しとしよう」

「今日で勝ち抜けを決めたかったけど、オリンピアコス(27日のグループステージ第5節)に勝てばそれが叶う。今日より良い戦いを見せて、(グループステージ突破を)決めてしまいたいね。今日は負けないことが重要だったんだ。結果を出したいと思っているし、そのために懸命にプレーしている。この状態が続くことを願っているよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO