2013.11.07

CSKAに5発快勝のマンC指揮官「攻撃的な姿勢を貫いている」

ペジェグリーニ
マンCのペジェグリーニ監督(左)がCSKA戦を振り返った [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が5日に行われ、グループDではマンチェスター・Cと日本代表MF本田圭佑の所属するCSKAモスクワが対戦。マンチェスター・Cが5-2で勝利して、2節を残してグループステージ突破を決めた。一方、CSKAモスクワのチャンピオンズリーグ敗退も決定。先発出場の本田は79分までプレーした。

 試合後、マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ペジェグリーニ監督は、2得点のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとハットトリックのスペイン代表FWアルバロ・ネグレドについて、「2人のストライカーは本当によくプレーした。今日だけではなく、シーズンを通してだ。セルヒオには今、勢いがある。ゴールだけでなく、オフ・ザ・ボールの動きもキレがあるんだ。それはアルバロも同じだ」と、称賛した。

 そして、「彼らは重要な選手だけど、もっと重要なのはチームが一丸となってプレーしたことだ。一丸となって攻撃的な姿勢を貫いている。これはとても喜ばしいことだ。今日は5ゴールを決めたが、まだ5回か6回、得点するチャンスがあった」と、試合を振り返った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る