2013.11.07

GS突破のマンC監督が決勝Tに自信「どのチームも嫌がると思う」

ペジェグリーニ
マンCのペジェグリーニ監督がCLの今後を展望した [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が5日に行われ、グループDではマンチェスター・Cと日本代表MF本田圭佑の所属するCSKAモスクワが対戦。マンチェスター・Cが5-2で勝利して、2節を残してグループステージ突破を決めた。一方、CSKAモスクワのチャンピオンズリーグ敗退も決定。先発出場の本田は79分までプレーした。

 試合後、マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督がグループステージ突破を振り返り、今後を展望した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「グループステージが終了するまで残り2試合があり、その前に私たちはベスト16へ進出した。これはサポーター、スタッフ、選手、このクラブに繋がっている全ての人たちにとって、重要な快挙だ」

「これ(グループステージ突破)は私たちが今シーズンに設定した最初の目標で、この決勝トーナメントに進出することがこのクラブにとって大事なことだ。達成できると信じていた」

「私たちは強いチームだと信じている。このチャンピオンズリーグで、どこまでいけるか見てみようじゃないか。(決勝トーナメントで)どのチームと対戦することになるかは、抽選会後でないとわからない。だけど、どのチームも、私たちとの対戦を嫌がると思うよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る