2013.11.07

勝因を分析するモウリーニョ監督「非常にアグレッシブだった」

モウリーニョ
チェルシーを率いるモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が6日に行われ、チェルシーはホームで日本代表DF内田篤人の所属するシャルケと対戦し、3-0で勝利を収めた。チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は試合内容を振り返り、勝利に満足感を示した。クラブ公式HPが伝えている。

 序盤はシャルケ相手に苦戦したチェルシーだったが、元ドイツ代表GKティモ・ヒルデブラントのミスを突いたカメルーン代表FWサミュエル・エトーのゴールで先制すると、その後も得点を重ねてホームで快勝した。

 モウリーニョ監督は「危険な場所でボールを失い過ぎていた。そして、シャルケに何度か危険なカウンターを許してしまった」と反省点を口にする一方で、「ボールを失った時のプレッシャーや守備は非常にアグレッシブだったと思う。相手ボールの際はシュールレ、オスカル、ウィリアンが強さを見せた。逆にボールを保持している時の彼らはスペースを見つけていた。かなり良い戦いで勝利を収めたと感じている」とコメント。勝因に2列目の選手たちの存在を挙げていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る