2013.11.07

MFラムジーの得点力アップにアーセナル指揮官「大きく成長した」

ラムジー
ドルトムント戦でゴールを決めたラムジー [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が6日に行われ、アウェーでドルトムントと対戦した日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルは、1-0で勝利を収めた。アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、決勝ゴールを奪ったウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの活躍についてコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ラムジーはドルトムント戦の62分、ゴール前でオリヴィエ・ジルーが競り合ったこぼれ球を頭で押し込み、チームを勝利に導いた。今シーズンのラムジーは公式戦で11ゴールを決めており、得点力が大きく向上している。

 同選手の活躍に対し、ヴェンゲル監督は「1年前は、ラムジーがゴールを奪うことは難しいと考えていた。しかし、彼は自信を持ち大きく成長した」とコメント。短期間で急成長を見せたラムジーの姿に喜びを見せていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る