FOLLOW US

イブラ同点弾のPSGがアンデルレヒトとドロー、CL決勝Tへ前進

パリSGとアンデルレヒトの一戦はドロー [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が5日に行われ、グループCでは、パリSGとアンデルレヒトが対戦した。

 グループステージ開幕3連勝で首位を走るパリSGは、ホームでの一戦で、ズラタン・イブラヒモヴィッチ、エセキエル・ラベッシらが先発出場。グループステージ突破決定を狙った。

 前半から、パリSGはアンデルレヒトゴールを脅かす。チアゴ・モッタからのフィードに反応したラベッシが、相手GKの前でボールに触れてヘディングシュートを狙うが枠の上に外れた場面や、ペナルティーエリア右隅からイブラヒモヴィッチが強烈なシュートを放った場面など、チャンスを作り出した。しかし得点は生まれず、スコアレスで前半を終えた。

 先制点を奪ったのはアンデルレヒトだった。68分、細かいパス回しで左サイドを崩すと、最後はサーシャ・クリエスタンからのグラウンダーのクロスに、デミー・デ・ゼーウが右足で合わせてゴールネットを揺らした。

 しかし、直後の70分にパリSGは同点に追い付く。ペナルティーエリア中央でパスを受けたイブラヒモヴィッチが、相手GKの股間を抜くシュート。一度は左ポストに弾かれたが、こぼれ球を自ら押し込んだ。

 82分には、アンデルレヒトのクリエスタンが2度目の警告で退場。パリSGは数的優位に立ったが、勝ち越しゴールを奪うことはできなかった。

 試合は1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。

 パリSGは、4試合を終えて3勝1分け。勝ち点10でグループ首位をキープし、決勝トーナメント進出へ前進した。アンデルレヒトは1分け3敗の勝ち点1で4位となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA